終わった後のケア方法

髪の毛を結んだり、耳にかけたりすると癖がついてしまいます。 最低でも縮毛矯正をかけてから1週間以内は、髪の毛をそのままの状態にしてください。 またシャンプーや髪の毛を拭くときは、優しい力加減にすることがポイントです。 軽い力でも、十分だと覚えておきましょう。

あまり触らないように注意

縮毛矯正をしてから、1週間以内は髪の毛を結ばないように意識してください。
その期間に結ぶと、せっかく縮毛矯正をしたのに髪の毛に癖がついてしまう可能性があります。
また、耳にかけることも避けてください。
縮毛矯正をして1週間以内は、髪の毛が非常にデリケートです。
些細な刺激でも、癖に繋がるので何もしないのが最も良いケアになります。
また優しくシャンプーをしたり、髪の毛を拭いたりすることも重要です。
強い力で髪の毛を洗うと、余計なダメージを与えて効果が失われる危険性があります。

髪の毛を洗ったら、まず髪の毛の絡みを取ってください。
絡んでいる状態で乾かすと、そこが癖になってしまいます。
またお風呂から上がったら、すぐ髪の毛を乾かしてください。
後回しにすると、髪の毛が傷んで縮毛矯正の効果が次第になくなります。
ヘアアイロンで髪の毛をスタイリングする際は、すばやく行うことを心がけましょう。
時間が掛かると、熱の影響で髪の毛がダメージを受けます。
またヘアアイロンの温度は、140度までに抑えることもポイントです。

シャンプーの種類に気を付けることで、自然な仕上がりを維持できると覚えておきましょう。
縮毛矯正の効果を維持するなら、アミノ酸シャンプーを使ってください。
アルカリ成分が含まれるシャンプーでは、縮毛矯正の効果が落ちる可能性があるので使ってはいけません。
自分が使っているシャンプーの成分を見直し、問題があればすぐ買い替えましょう。

頭皮を濡れたままにしない

お風呂から出たら、まず髪の毛を乾かしてください。 濡れた状態を維持していると、頭皮の状態が悪くなり縮毛矯正の効果がなくなります。 またスタイリングをする際にヘアアイロンを使っても良いですが、温度を上げすぎないよう注意しましょう。 熱も、髪の毛にとってダメージになります。

おすすめのシャンプーとは

縮毛矯正をした後に、おすすめのシャンプーがあります。 効果を長持ちさせたいなら、そのようなシャンプーを使ってください。 ポイントは、アミノ酸が含まれることです。 見た目や価格だけで選択するのではなく、含まれる成分をしっかり確認してから購入しましょう。

TOPへ