終わった後のケア方法

結んだりしないこと

普段から、髪の毛を結ぶ人がいるでしょう。
しかし縮毛矯正をした後の髪の毛は、非常にデリケートです。
結ぶと癖になって、髪の毛がまっすぐにならないかもしれません。
余計な癖を付けないために、縮毛矯正をしてから1週間以内は結ばないでください。
髪の毛を耳にかける行為も、同じような理由で行ってはいけません。

1週間が経過したら、まずは緩く結びましょう。
少しずつ結んでいけば、癖になることはありません。
また、なるべく結ぶ時間を短くすることも大切です。
時間が短ければ、癖になることを避けられます。
仕事や家事をする時だけなど、短い時間に限定して結んでください。
少し意識するだけでも、縮毛矯正の効果を長持ちさせられるので頑張りましょう。

優しい力で扱おう

雑にシャンプーしたり、乱暴に髪の毛を拭いたりするとダメージを与えてしまいます。
縮毛矯正をした後でもすぐに癖がついてしまうので、優しくするように心がけてください。
優しい力でも十分汚れを洗い流せますし、水気も拭き取れます。
逆に強い力を加えると、頭皮がダメージを受けて丈夫な髪の毛が育たないので注意してください。

ダメージが蓄積されると次第に抜け毛が増えたり、薄毛の症状に悩んだりします。
若い人でもそのような髪の毛のトラブルに悩むことがあるので、普段からシャンプーや乾かし方を工夫してください。
爪を立てて洗う方法は、絶対にしてはいけません。
頭皮に余計な傷をつけないために、指の腹を使って揉むように洗いましょう。


この
記事を
シェア

TOPへ